上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 捨てられた犬や猫は「ずっと一緒にいてくれると思っていたのに…」悲しい目をして、そうつぶやいているに違いない。
「埼玉県議会動物と共生する社会を推進する議員連盟」に私は入っている。

 10時半から16時まで、熊谷市の埼玉県動物指導センターとさいたま市の動物愛護ふれあいセンターの視察調査にこの議連19人で参加する。
 いずれも、適正飼育の啓発や動物とのふれあいの場をつくったり、捕獲依頼にもとづき収容した犬や猫を殺処分もしている。

 県の動物指導センターは昭和48年に開設。35年もの年月が経過し施設の至る所の老朽化が目立った。そのことも手伝ったからか重苦しい雰囲気が漂っていたのは否めない。しかし少し劣悪な環境、厳しい施設の性格の中、川田廣所長さん以下「少しでも命を救いたい」との透徹した意識の中奮闘されていた。

 さいたま市桜区の動物愛護ふれあいセンターは平成18年に開設。県の動物指導センターに比し際だった明るさと清潔さだった。犬や猫の譲渡事業を極めて熱心に行っていることが心を打った。引越し、飼い主の都合、なれないなど人間の全く勝手な都合で殺処分とはいただけない話だった。

 2つのどちらの施設でも殺処分を待つ犬や猫の諦めきった目、人間たちに何かを言おうとしている目。いつまでも心から離れなかった。この目に我々はどうにか応えなければならない。

飼い主に出会えた犬。 死を待つ犬。

スポンサーサイト
2008.07.08 Tue l 犬・猫 l COM(0) l top ▲
昔は犬が街の中をよく歩いていた。
小学校に入ったばかりの頃、子犬を拾った。
黒い犬で腹に白い部分があった。
抱いて帰宅すると、家人はよい顔をしなかった。
「飼えない」との声に哀願した。
黒い犬は腕の中で私を見上げ、手を私の顔にかけた。
取りあえず玄関にいさせることだけが許された。

深夜、犬が逃げたとの声に私は外に飛び出した。
どこまでも走り黒い犬をさがしたが、
街頭の灯りがさびしく点るだけの漆黒の夜が、
どんどん私を包み込んだ。
その後、その黒い犬とは二度と会えなかった。

あれから何年経ったのだろう。
畑の畝を走り抜け、
冷たい雨に震え、
鼻先に桜の花びらをつけ、
今でも私の心の中を走っている。

心の中であの黒い犬の目がまだ自分を見上げている。
2007.12.18 Tue l 犬・猫 l COM(0) l top ▲
夜、私の目の前をよたよたと何かが横切った。
暗くてよく見えなかった。
「ねこだ」
とっさにそう思った。
雨が長く降り続いた後の夜。
車の下へ隠れたよたよたに、
しゃがんで手を伸ばし声をかけた。
懐かしいやわらかな感触。
私の指が感じていた。
よたよたの足はすべて泥だらけ。
抱くと、あまりの小ささ。
家の明かりで見つめると、
目がやられていた。
くしゃみばかり。
新しい命が家にやってきた。
2007.09.06 Thu l 犬・猫 l COM(0) l top ▲
 二年前のことだ。
娘が玄関で「新しい家族です」と叫んでいた。
両手にあまりにも小さなオスの子猫をのせていた。
家族みんなが覗きに来た。
むごいことにコンビにのゴミ箱に捨てられていたという。
妻がそれから何日も「かわいそうに、かわいそうに」とつぶやきながら、涙を流して洗面所でノミつぶしに精根傾けた。
洗面台が吸われた血で真っ赤になった。
全部やっつけるのにしばらくかかった。
名前は茶色にちなんで「チョコ」と名づけられた。

 実は家にはすでに老いたメス猫「ミュウ」がいた。
これはこの子猫を毛嫌いした。
それはそうだろう。注目は一気にチョコに注がれた。
「私の方が前からいたのよ」と言わんばかりだった。
よたよたチョコがすり寄ると小さな声でうなり、一緒にも寝なかった。
「もっと可愛がってあげな」無責任に人間たちは言い放った。
無視をされ逃げられてばかりのチョコは嫌われても嫌われても寄っていった。
しかし最近突然、ミュウはチョコによだれをなめられるようになった。
老いたミュウにとっては心地がいいようで満足顔だった。
劇的なことに、チョコの全身をなめてあげるようにもなっていた。
実に丹念に…。お返しということなのだろうか。
 それなのに四、五日前からチョコが帰ってこなくなった。
珍しいことだった。ミュウは余り食事をしなくなった。
玄関に出てキチンと座り、誰が声をかけても一定の方向を見つめていた。
「チョコ帰ってこないかな」「ミュウは待っているんだね」
家族でそんな会話をしていた。
 妻が昨夜夢をみた。
チョコが「捜して」と言っているような夢だったという。
今日の昼、隣接地の畑でチョコが倒れているのが見つかった。
庭に小さな墓をつくった。

 ミュウはそこによく行きそこから動かない。


「左がミュウ、右がチョコ」
2006.08.23 Wed l 犬・猫 l COM(0) l top ▲
 後援会設立に向け一日歩き回る。
常盤で真っ白なネコに出会う。
気持ちよさそう。



2006.07.23 Sun l 犬・猫 l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。