上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 15時から、民主党本部で菅代表代行、鳩山幹事長と写真撮影。
 16時からは小沢代表と。全国から百人近い候補者が来ていた。
 18時30分から、ときわ会館で開催された連合埼玉さいたま市協の暑気払いパーティーに滑り込む。連合推薦候補として紹介される。




スポンサーサイト
2006.08.30 Wed l 未分類 l COM(0) l top ▲
 民主党の小沢一郎代表は昨日、9月12日告示、同25日投開票の代表選へ「出馬したい。ご協力をお願いしたい」と立候補の意向表明をしたらしい。
2006.08.29 Tue l 未分類 l COM(0) l top ▲
 新自由クラブ同窓会が霞ヶ関ビルで開かれた。
正に私の青春時代の仲間たちと話した。
「当時は道路財源の削減などまず言う人はいなかった。
新自由クラブは画期的過ぎていた」
河野洋平、中馬弘毅、木村勉、鳩山邦夫懐かしい面々だ。
立党30年、解党20年。解党総会の時は私は現場にいた。
まだ28歳、市議一期目だった。
「そういえば解党の時、誰が一番若かったんだっけ」
私が尋ねると「真柄だな」誰かが答えた。
一橋大を出て、「アルバイトニュース」で新自由クラブ政策委員会室へ。
解党後は、FLS→竹中政策秘書→自民党政調。45歳。
「真柄ちゃん、いつから会ってなかったっけ?」
「浅野目さん、解党してから一度も会ってなかったですよ」
 スピッツが『魔法のコトバ』で「また会えるよ 約束しなくても 会えるよ 会えるよ♪」
と唄っている。
政治の刷新なんてエラそうなこと言って、会議をしビラをまき…。
あれからあっという間の30年。
凝固していた過去が次々に溶け出していた。
その仲間たちに会えたことがとてつもなく懐かしかった。


「河野衆議院議長=元新自ク代表」
2006.08.28 Mon l 未分類 l COM(0) l top ▲
 少し曇り空だったが、さぎやま公園で開かれた
 日中友好さいたま市民会議のバーベキューに参加させていただく。
わが国には昨今、「中国は嫌い」、「中国人はけしからん」という感情的な風潮がある。
しかし、肉を食べながら中国の方々とたくさん話をすると、そういったことが余りに馬鹿らしいということがよくわかる。
どこの国の人も、笑顔があり、子どもが好きで、悲しいことには涙を流す…。
 榊会長から、10月10日、埼玉会館代ホールにて、
相馬雪香〔難民を助ける会会長〕
畑千鶴子〔元埼玉県知事夫人〕
新井サダ〔元埼玉県看護協会会長〕
榊多嘉子〔日中友好さいたま市民会議会長〕
の四人が手を取り合い、「360歳を祝う会」と銘打ち、「雲南省京劇院訪日公演 KYOGEKI 2006」を開催する報告があった。
四人で360歳!!ということは…!平均年齢90歳!。
 私も頑張らなければ
2006.08.27 Sun l 未分類 l COM(0) l top ▲
 二年前のことだ。
娘が玄関で「新しい家族です」と叫んでいた。
両手にあまりにも小さなオスの子猫をのせていた。
家族みんなが覗きに来た。
むごいことにコンビにのゴミ箱に捨てられていたという。
妻がそれから何日も「かわいそうに、かわいそうに」とつぶやきながら、涙を流して洗面所でノミつぶしに精根傾けた。
洗面台が吸われた血で真っ赤になった。
全部やっつけるのにしばらくかかった。
名前は茶色にちなんで「チョコ」と名づけられた。

 実は家にはすでに老いたメス猫「ミュウ」がいた。
これはこの子猫を毛嫌いした。
それはそうだろう。注目は一気にチョコに注がれた。
「私の方が前からいたのよ」と言わんばかりだった。
よたよたチョコがすり寄ると小さな声でうなり、一緒にも寝なかった。
「もっと可愛がってあげな」無責任に人間たちは言い放った。
無視をされ逃げられてばかりのチョコは嫌われても嫌われても寄っていった。
しかし最近突然、ミュウはチョコによだれをなめられるようになった。
老いたミュウにとっては心地がいいようで満足顔だった。
劇的なことに、チョコの全身をなめてあげるようにもなっていた。
実に丹念に…。お返しということなのだろうか。
 それなのに四、五日前からチョコが帰ってこなくなった。
珍しいことだった。ミュウは余り食事をしなくなった。
玄関に出てキチンと座り、誰が声をかけても一定の方向を見つめていた。
「チョコ帰ってこないかな」「ミュウは待っているんだね」
家族でそんな会話をしていた。
 妻が昨夜夢をみた。
チョコが「捜して」と言っているような夢だったという。
今日の昼、隣接地の畑でチョコが倒れているのが見つかった。
庭に小さな墓をつくった。

 ミュウはそこによく行きそこから動かない。


「左がミュウ、右がチョコ」
2006.08.23 Wed l 犬・猫 l COM(0) l top ▲
 6時半から8時半まで、武正代議士、高橋秘書と浦和駅東口で、
「おはようございます!駅頭」。



2006.08.16 Wed l 未分類 l COM(0) l top ▲
 今日も暑い。
 私は東京都武蔵野市生まれだが、生まれてすぐに山形県米沢市へ移った。
そこで四歳まで育った。
実に寺の多い城下町で、読経の響く寺の境内の中で毎日遊んでいたと言っても過言ではない。
寺にはスギやヒバの巨木が林立しており、夏は太陽の光を遮ってくれ、むしろひんやりとさえしていた。
せみの鳴き声がひっきりなしの中、絶えず走り回っていたような気がする。
 この歳になって、不意に思い起こされるのが、木々に飴のように這っていた茶色に光るヤニの色と、葉や木肌から染み出してくるような特有の強い香りだ。
 その後長く生活をすることになる関東では、コナラやヒノキといった広葉樹は多いのだが、あの色と香りにはお目にかかれない。
私は無性に懐かしく思い出しながら太陽の下を歩いている。
2006.08.01 Tue l 未分類 l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。