上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 「もう絶対につくらない」と毎年宣言する妻だが、今年もおせちを鮮やかにつくってくれた。
紅白蒲鉾、黒豆、田作り、伊達巻、栗金団、里芋、紅白なます、
金平ごぼう、錦たまご、数の子、車海老…。準備、手間隙、後片付。
妻は大変だ。今日も遅くまで関わっていた。

 今年お世話になった全ての方に感謝したい。
人は一生の間にどれくらいの方に出会うのだろうか。
「人生は助け合い」とビラに書いたが、自分ばかり助けられているような気がする。
人のために尽くしどんなことでも喜んで働かなければ。
6月30日まで、武正代議士の秘書。
6月30日から、政治改革運動。
 この一年の出会いを思い起こす時、私にとり必要でなかった人は
誰一人いなかったと言えよう。
全ての出会いに深く感謝したい。
ありがとう、去り行く2006年。
スポンサーサイト
2006.12.31 Sun l 未分類 l COM(0) l top ▲
14時から、長男とポスティング。
『民主・号外②』のタイトルには、
「あさのめ氏を来春4月予定の埼玉県議会議員に民主党公認候補者に決定!」
と書かれてある。
よって当然これは来年になると使えない。まだ1000枚くらいあった。
長男に「いっしょに配ってくれないか」と尋ねたら「うん」と言った。
 このごろ、「ブルガリアとルーマニアがEUに加盟するけどどういうことが起こるの」とか
「残留孤児をつくった。戦争はいけない」などという話を、彼からポツリポツリしてくるようになった。
私にとってはうれしいことだ。
いつのことだったろうか。
「オレが政治が嫌いなのは家が政治に関わっていたからだ」と小さな声で話したことがあった。
「そうでなければオレは政治に関心があったかもしれない」とも言っていた。
 父と子が一軒ずつポストにビラを入れていくと、年の瀬の夕刻になっていった。
2006.12.30 Sat l 未分類 l COM(0) l top ▲
 6時半から8時半まで、武正代議士、有村秘書と北浦和駅西口で、
「おはようございます!駅頭」。
桜区からもバスでこの駅に来られる方が多いとのことで、
私の同志、市議候補予定者の阪本さんも合流。
厳しい寒さに加え、北西の強風が吹きつけた。見事な冬型の気圧配置。
駅に向かう車の中で大野勢太郎さんが
「肌を刺すというより骨を刺すという寒気でしょう」
とラジオで話していたが、彼は実によくわかっている。
 昨日の朝同様、代議士と十分ずつ交代でマイクを持つ。
「この駅からは今年最後のご挨拶、お訴えになります」
「一年間大変お世話になりました」
「地方議会へも民主党へお力を!」などととマイクで話す。

 やはり終日、年末のご挨拶に歩く。
もう車も少なくなってきた。浦和の街の中は今日の寒さも手伝い、一気に年の瀬の雰囲気だ。

 

 


2006.12.29 Fri l 未分類 l COM(0) l top ▲
 6時半から8時半まで、武正代議士、松岡秘書と浦和駅東口で、
「おはようございます!駅頭」。
緑区からも乗降者が多いとのことで、緑区選出の神崎市議も合流。
「この駅からは今年最後のご挨拶、お訴えになります」
「一年間大変お世話になりました」とマイクで話していたら、
「一年間ご苦労さん」、「民主党頑張れよ」などとのお声かけをいただく。
 終日、年末のご挨拶に歩く。
 夕方から風強くなり、冷え込んでくる。
今夜から明日にかけて雪が降るかもしれないとのこと。
2006.12.28 Thu l 未分類 l COM(0) l top ▲
 6時半から8時半まで、武正代議士、高橋秘書と北浦和駅東口で、
「おはようございます!駅頭」。
前日は雷鳴り大雨が降る異常な天気だったのに、天気予報の言うとおり、未明からぴたっと晴れ。
 「夕張市は財政破綻。議会が行政の暴走、独走を止めることが出来なかったのか」
「議会に力をお与えいただきたい。浦和区初の民主党県議をつくってください」
などと訴える。
「あの演説は良かったです」と代議士に誉めていただく。うれしい。
「これも参考にしてください」と北海道栗山町の『議会基本条例』の資料を頂く。
 終日、年末のご挨拶に歩く。
2006.12.27 Wed l 未分類 l COM(0) l top ▲
 12時半から、報道機関による写真撮影(県庁記者会見室)。
新聞紙面などに載せる写真の撮影。
各新聞社やテレビ局などが次から次に私の顔をカシャッ。
良く写っつていますように。




 13時半から、「在日介護老人を助けるためのチャリティコンサート」(さいたま市文化センター)。意義深い会だった。
金両基(静岡県立大学教授)氏の基調講演「共生時代を歩もう」
も拝聴させていただく。
2006.12.26 Tue l 未分類 l COM(0) l top ▲
 これまでのこの五か月間、私の片腕として仕事をしてくれてきた
大総クンが交通事故に遭ってしまった。
バイクで自宅から事務所に来る途中、営業車が横から飛び出してきて横転。
額をばっさり切ってしまった。
 三神さんと病院に駆けつけ、縫ったばかりの彼の所に駆け寄っていったら、大総クン片手を挙げて「おめでとう!」
 今日は三神さんの誕生日だったのだ。
自分のことはさておいて人のことを気遣うなんて…。
快癒を祈っているぞ大総クン。
2006.12.25 Mon l 未分類 l COM(0) l top ▲
 クリスマスイブを迎えると、妻と静かに思い出すことがある。
長男が小学三年生、長女が小学二年生の頃だったと思う。
まだ二人には個室がなく、狭い子ども部屋に学習机を二つ並べ、
二段ベットの上下にそれぞれが寝ていた。
 前の日までに妻と相談し二人の喜ぶ顔を思い浮かべながら、
クリスマスプレゼントを買い求めた。
 さて、イブの夜半過ぎ、私はその二つの箱を持って、
こども部屋のドアをそっと開けた。
 学習机の電灯だけが点(とも)り、部屋は静けさが支配していた。
すると机の上に何やら手紙が置いてあることに気が付いた。
「サンタさん、来てくれてありがとう。ぜひコーヒーをのんでいってください。
おくちがよごれたらテッシュもここにあります。
あめもあります。なめてください。つつみがみはここにすててください。
それから、おねがいがあります。
サインをください。
あさのめ ひろあき  あさのめ めぐみ」
 コーヒーがある。テッシュがある。
飴がある。包装紙を捨てる折り紙の箱がある。
手紙の下にサインを書き込む枠がある。ペンも用意してある…。

 二つの箱を持ったまま、妻のところへ私は急いで戻った。
「どうしたの?」
「ただごとじゃない!」

 再び子ども部屋に私は意を決して入っていった。
冷たいコーヒーを飲んだ。テッシュで口を拭いた。
飴もなめた。可愛らしい折り紙の箱に包装紙を折りたたんで捨てた。
最後に鮮やかに「santa」と書き入れた。このスペルでいいのか?
筆記体にしておいた。
「よし完璧だ」

 翌朝は、高揚しきった二人の顔があった。
前日食べ残したケーキを出されると、
口の周りにクリームをつけたまましゃべり続けていた。
「サンタはコーヒーがすきなんだね」
「サンタはあめの包み紙をキチンとおっていたよ」
「サインもかいてくれた」
「サンタはいい人だ」

 私たちの忘れられないイブの夜の思い出だ。
2006.12.24 Sun l 私の2人の子ども l COM(0) l top ▲
 5時起床。
 6時半から8時半まで、与野駅東口で武正代議士、高橋秘書と、
「おはようございます!駅頭」。
 今朝は低気圧から前線が日本の南海上にのびたようだ。
弱い霧のような雨が7時半頃から降り始めてくる。
しかし傘の合間から手を伸ばしてチラシを取って下さる方が多くあった。
「民主党では県議会議員選に向けた『ローカルマニフェスト』を公表した」
「議会を変えることを主眼として議会政務調査費の全面公開もこのマニフェストで約束させていただいた」
などとマイクでお話もさせていただいた。
 「民主党頑張ってよ~」と声をかけてくださる方も。
2006.12.22 Fri l 未分類 l COM(0) l top ▲
 11時、アーモ印刷さんでビラの打ち合わせ。
妻が調子悪い。夕食にきのこ釜飯をつくる。少しご飯が固かった…。
2006.12.21 Thu l 未分類 l COM(0) l top ▲
 一日、御礼に歩く。途中、常盤の県立近代美術館の庭で昼飯。美しい紅葉に見とれる。




 民主党埼玉県連は、来春の県議会議員選に向けた「ローカルマニフェスト」を公表した。
このマニフェストでは、「くらしを変える」として、子育て中の若い世帯や高齢者などが安心して暮らせる民間賃貸住宅の建設促進など。
「議会を変える」として、議会政務調査費の全面公開など。
「行政を変える」として、入札制度見直しなど。
3分野で計46項目を掲げた。
 この46項目の中では、ふじみ野市のプール事故を教訓にした罰則を伴う「プール管理条例(仮称)」や、「NPO活動促進条例(同)」など五つの条例の制定を公約、県議会への条例提案を目指すことも発表した。
 民主党からの立候補者は同マニフェストを掲げて真っ直ぐ選挙戦に臨む。
2006.12.18 Mon l 未分類 l COM(0) l top ▲
 10時から、Jリーグを制覇した浦和レッズの優勝パレードが行われた。
埼玉県庁を出発。中山道を通って、さいたま市役所のルート。
午前中は浦和中、完璧な赤だらけ。
ファンの熱狂の渦の中に入り、私もピョンヒョン跳ねながら「うぉ~!れっずぅ!」と叫び続けてしまった。
ブッフバルト監督とエンゲルスコーチが馬車に乗り(ナント白馬!)、
登場した時は興奮も最高潮に。
 16時から、浦和駅西口で、民主党埼玉県第1区総支部の月一回定例の街頭演説会。ビラを配っていたら、野原満夫氏に約25年ぶりで出会う。
青年の私が当時可愛がって頂いた新聞社の社主。懐かしかったがお変わりなかった。
「私のこと忘れちゃったでしょう?」と話しかけてこられた。
「忘れていませんよ」とお返事申し上げた。
時は波のように流れる。しかしその波が押し返されてくるように、
駅には本当に感動の出会いがある。
2006.12.17 Sun l 未分類 l COM(0) l top ▲
 5時起床。
 6時半から8時半まで、有村秘書と北浦和駅西口で「おはようございます!駅頭」。


「寒くなってきた」

 1954年の防衛庁発足後、半世紀余を経て、来年1月9日から「防衛省」となる。
防衛庁の省昇格関連法が、今夕の参議院本会議で、可決、成立した。
関連法は、内閣府の外局である防衛庁を独立した省とし、防衛長官を「防衛相」に改称する他、自衛隊の国際平和協力活動や在外邦人輸送、周辺事態での後方地域支援などの活動を「付随的任務」から「本来任務」に格上げする内容。内閣に属する内閣府の外局から、内閣の直接下に属する省になるわけで、基本的に地位が向上するという。
とはいえ、実質的には今まで防衛庁は半ば省として扱われてきた経緯があり、予算要求や政策決定などについて内閣府を通す、というのも形式上のものになっていたようだ。
そのため、省になっても基本的には「格が上がる」だけで、防衛庁の業務があまり変わることはない、とも外交報道されている。周辺事態の緊迫が、連動してこういう法律をつくらせたのだろう。
日本はもっと毅然とするべきだという世論に賛成だ。
しかし軍事以外の安全保障にも手をこまぬかないようにしたいと、国民の一人として強く思う。
2006.12.15 Fri l 未分類 l COM(0) l top ▲
 14時から、さいたま市議会議員に見沼区より、
民主党公認候補として出馬する予定の青年三神たかしさんの集会に参加。
 「『青年が動けば時代は変わる』と、私も23年前励ましていただき初当選を果たした」
とご挨拶させて頂く。 一緒に地方のために頑張ろうね。



2006.12.09 Sat l 未分類 l COM(0) l top ▲
 19時から、私の後援会活動、政治活動のひとつのメルクマール(到達点)である、
「感動県政!大集会」が行われた。
ここまで来るには色々な方にお世話になった。
来場登録者数257名。目標にしていた300名には届かなかった。
しかし会場は素晴らしい熱気があり、みなさんお帰りの折には
「感動しました」「頑張ろうね」と口々に語ってくださっていた。
とても嬉しかった。
「あさのめヒストリー」をパワーポイントで映像として流したのも評判が良かった。
私からは、感動ある埼玉県政の実現のために、約15分お話をさせて頂いた。
会場中でに広がった長い拍手に、気持ちを引き締めた。

 21時から、ご苦労様の打ち上げ。スタッフと私の家族15人が参加。
お支え頂いたスタッフには実にご苦労頂いた。心からみんなに感謝したい。
まったく打ち合わせできないのに、見事に司会の役を果たしてくれた、藤林さん、白坂さんありがとうございました。
そして何より、寒い中お越しいただいた後援会の皆さん、私は真っ直ぐ戦わせていただくことを誓います。
会は見事に盛り上がりました。
ご参加賜り本当にありがとうございました。

当日の会場の写真です。



2006.12.08 Fri l 未分類 l COM(0) l top ▲
 11時、UIゼンセン同盟埼玉県支部訪問。佐藤支部長、小林常任と話し合い。
 12時から、埼玉県電力総連訪問。中村会長と話し合い。
2006.12.07 Thu l 未分類 l COM(0) l top ▲
 5時起床。
 6時半から8時半まで、浦和駅西口で「おはようございます!駅頭」。
 10時から、『民主号外②』の内容の原稿書き。
「私の決意」、「私は誓う=政治信条」、「私は守る=三大公約」など、3時間で一気に書き上げた。12月8日にはみなさんに配布したい。
 14時から、埼玉会館にて「感動県政!大集会」の現場打ち合わせ。
会場はデカイ!星野クン、大総クン、私が参加。
 18時から20時まで、民主党埼玉県第1区総支部の幹事会、ならびに忘年会。色々なことがあった今年、そして来年の決意を語り合う。
武正代議士、松岡秘書、神崎市議、菊池元市議、覚地幹事、高野幹事、私が参加。
 夜、『民主号外②』の原稿手直し。
2006.12.04 Mon l 未分類 l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。