上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 16時から、さいたま共済会館で開かれた、建設埼玉・浦和地区本部定期大会・懇親会に参加。なかなか景気回復の展望のない建築業の苦しみを会場で聞く。



19時から、問い合わせのあった浦和区内の道路の破損箇所を見にいく。
スポンサーサイト
2008.04.29 Tue l 未分類 l COM(0) l top ▲
 寄居町の埼玉県環境整備センターは、全国初のそして全国唯一の県直営広域埋立場=廃棄物最終処分地だ。ゴミは燃やしても必ず灰が残るのだ。
県内市町村、組合の一般廃棄物、中小企業などの産業廃棄物を受け入れている。

 「最先端技術を導入した搬入管理システムや全国屈指の浸出水処理施設を備えている」と説明を受ける。
さらに地域と公害防止協定を締結するなど、安全確保に万全を期しているとのことだ。

 埋め立て期間は平成元年2月から平成28年3月31日までの約27年間。現在の埋立率は47.9%。7層の埋立予定が3層程度埋まっており約半分が埋まってしまったことになる。



 彩の国資源循環工場は、民間企業8社の施設で形成。廃棄物の適正処理とリサイクルの一層の促進を図るため、上に記した環境整備センター内に集積させてある。 透明性の高い住民合意システムのもと、PFI及び借地方式で、民間リサイクル施設を誘致したもの。

①サーマルリサイクル=オリックス資源循環(株)
廃棄物から精製ガス・メタル・スラグなどに再資源化。得られたガスを利用し発電。総合リサイクル。(PFI事業者)
②廃家電リサイクル、固形燃料製造など=(株)エコ計画
20品目以上の廃棄物を受け入れ、総合リサイクルに取り組む。


③RPF製造リサイクル=(株)環境サービス
廃プラスチック処理施設と堆肥化施設を併設。
廃プラから固形燃料(RPF)、生ゴミ等から堆肥などを製造。
④生ゴミ・食品リサイクル= (株)アイルクリーンテック
食品残さ、刈草などの有機性廃棄物を原料にして自然発酵により堆肥を製造。食品リサイクル法100%対応。
⑤蛍光管リサイクル=(株)ウム・ヴェルト・ジャパン
蛍光管を、水銀、ガラス、金属などに再資源化。ガラスは付加価値の高いガラス製品に再生。
⑥建設廃棄物リサイクル=埼玉環境テック(株)
建設現場、工事現場から排出される廃棄物から再生骨材、再生土、ボードチップなどを製造。
⑦焼却灰リサイクル=(株)埼玉ヤマゼン
市町村や事業者から排出される焼却灰を原料に路盤石などに利用される人工砂を製造。
⑧汚泥等リサイクル=よりいコンポスト(株)
し尿汚泥、動植物性残さなどを肥料にリサイクル。高品位の有機質肥料を短期間で製造。
2008.04.25 Fri l 未分類 l COM(0) l top ▲
 寄居町のホンダ工場の建設現場を民主県議団14人で視察させていただく。埼玉県寄居町に国内では30年ぶりのHONDAの工場が新設されるのだ。エンジンから最終組立までを一貫生産する4輪車工場。年産20万台規模で2010年初頭には稼動させる予定とのこと。



 工場面積は80万㎡。山を削り、その土で谷を埋めていた。投資額は700億円。スタート時の従業員は2200人程度になるとしている。完成することでホンダの国内生産能力は現行の年130万台から150万台に増強される。自動車工場がそれも世界のホンダ工場が完成することによっての経済効果の裾野は広いだろう。関連の部品メーカーや倉庫などの集積が見込めるだけでなく、商業、教育などにもジワジワ及ぶはずだ。(りそな財団で試算した経済効果は3000億円超)。県が主導した企業誘致推進の成果と言えるだろう。

 ホンダの企業文化や創業者である本田宗一郎氏から綿々と受け継がれているHONDAスピリット、正にPower of Dreamsが、埼玉県に何かを与えてくれるのであれば、経済効果だけではない巨大なものを埼玉県はプレゼントされたことになる。そう感じた。
2008.04.24 Thu l 未分類 l COM(0) l top ▲
 10時から、埼玉県議会福祉保健医療委員会。
平成20年度福祉部、保健医療部および病院局の事業概要についてを執行部から聞く。
昨年度は文教委員会に所属させて頂いた。今年度は福祉保健医療委員会に所属する。
 18時から、たけまさ公一後援会浦和駅西口支部総会・国会報告会。懇親会から参加させて頂く。
 20時から、グループ感動県政の定例会議。
2008.04.23 Wed l 未分類 l COM(0) l top ▲
 17時から、ときわ会館で開かれた、埼玉県電力総連躍進パーティに出席。
埼玉県の産業労働部長や県内首長・議員など多くの来賓、傘下組織関連企業、事業団体の関係者で会場はぎっしり。
 民主党埼玉県連を代表し、枝野幸男代議士が挨拶する。「今後1年間には必ず総選挙があるだろう。その後のこの電力総連のパーティには、SPを連れて参加する衆議院議員が、最低2人はいるというふうにしたい」。会場がどっと沸いた。



 20時から、必ずそこへ行くよの会。志有り3年後の県議選に立候補を予定しているメンバーと食事をする。
2008.04.22 Tue l 未分類 l COM(0) l top ▲
 11時から、日野キリスト教会で催された、召天者を偲ぶ会に出席する。
私と離ればなれだった妹は小さい頃からこの教会で育ち、聖書と共に生活していた。
3年前の強い風が音をたてて吹きつけるとても寒い夜、ストーブの灯油を寒さに震えながらおそらくは入れていたらしい。給油を終えキャップを締めて、倒れ妹は天界に去った。
「先に天に帰られた方を偲びつつ、共に過ごした日々の思い出などを語りながら、幸いな時を持ちたい」と加藤満牧師さんが挨拶された。私と血を分けた妹のあの時この時の思い出を胸を締めつけながらかみしめた。

 16時から、浦和駅西口駅頭で行われた、民主党第1区総支部街頭演説会に参加。マイクを持ちビラを配る。後期高齢者医療制度に対する反発の声が強いのを、駅頭でひしひしと感じた。


2008.04.20 Sun l 「おはようございます!県政報告駅頭」。 l COM(0) l top ▲
 5時起床。
 6時から11時まで、政務調査と資料整理。

 12時から、県議会民主党・無所属の会控室に、新井淑則先生が来訪される。網膜色素変性症協会(JRPS)埼玉県支部の丸山前支部長、二宮支部長も、またお仲間のノーマライゼーション・教育ネットワークのメンバーの方々も同行され、嬉しい訪問をして下さる。
 わざわざ「長瀞中学校で勤務を始めている」とのご報告に来られたのだ。申し訳ないことに「浅野目さんの県議会での質問が大きく働き夢が実現した」とまで言っていただく。
普通小中学校で勤務する全盲の教師は埼玉県内初。全国でも10人はいない。これまで約10年間、「不可能だ」「気持ちは分かるが無理」と県教育委員会から理解なく突っぱねられていた。新井先生の情熱と実力をないがしろにしてである。
 私は10月の一般質問で「誰にでもチャンスがある社会がよい社会」「塙保己一の偉業を顕彰している埼玉県が理念守り抜くためにも、全盲となった教師が普通校の現場で再び教えられることへの道筋はかるべき」と強く訴えていた。
 新井先生は「見えないからこそ出来ることある」と語られていた。
私は「生徒の一人一人に先生の姿を見せてやっていただきたい。何よりの教育だと思う」と手を握り話しをさせていただいた。



2008.04.19 Sat l 未分類 l COM(0) l top ▲
 あたたかく晴れわたった。
 14時から、県政調査費の件で面談。私も会派で依頼している、民間の第三者機関の先生(公認会計士+税理士)と個人面談。私の会計報告を細かいところまで目を通して下さり、政務調査と後援会活動の按分など、指導・助言して頂く。いよいよ公開に向けての最終調整段階に入ってきた。

 昨年4月の統一地方選挙で、民主党がマニフェストで公約した「議会改革」。その中心的課題となっていた県政調査費の使途公開。
 民主党・無所属の会では、「1円から領収書添付で公開」、「飲食には絶対に使わない」、「第三者機関の監査」を約束した。政治が信頼を取り戻すためにどんなことがあっても達成したいと、約1年全員で努力してきた。
 山川県議が中心となって木村県議、北村県議が財務委員会を編成。スタッフの中田さんは深夜まで、何日かは寝泊まりで、会計処理のため努力を重ねてこられた。そして様々な問題を次々クリアーしてきた。その情熱に脱帽したい。
2008.04.15 Tue l 未分類 l COM(0) l top ▲
 5時起床。 
 6時半から8時まで、浦和駅東口で、「おはようございます!県政報告駅頭」。
 10時から12時まで、政務調査と資料整理。
 14時から17時まで大宮法科大学院大学2F講堂にて開催された、埼玉りそな産業協力財団と埼玉新聞社の共同主催による「埼玉景気フォーラム・パネルディスカッション」に参加。不透明感の高まる景気情勢について、エコノミストと埼玉県で成功している経営者による討論会であった。主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)がワシントンで4月11日に開かれたものの、株価は下落し続け、市場は同会議の内容に満足していない。こう言った状況下、埼玉県内の景気に対する対応を考えていくものであった。
パネリストの一人、株式会社しまむら代表取締役会長・藤原秀次郎氏は、「昨年の夏から数字よりも肌でこの不景気を感じてきた」、「日本人は不景気に敏感に応じ節約モードにはいっている」、「食料品の価格が上がっていることを知っている女性の生活防衛意識強く、消費財の使用年限長くなっている」、「男性の意識これから変わってくる」、「景気減速期は長いのではないか」。などと語った。



2008.04.14 Mon l 未分類 l COM(0) l top ▲
 ちょうど一年前に県議選初当選。
カーライルが、「人生・・・二つの永遠の間のわずかな一閃」と言ったのは知っている。とにかく人生は短いのだ。そんなことわかっているのに、この1年は早かった。一体何人の人と出会い、話をしたのだろうか。一体何回駅に立ったのだろうか。一体何度感動をしたのだろうか。すべての縁とすべての出会いに感謝したい。
この仕事をさせていただいていることにも感謝したい。
裏切ることなく真っ直ぐ仕事をすることを、当選1年目の今日、誓いたい。

  9時、埼玉県警察本部総務部総務課 関口主席調査官 と話し合い。
 11時、埼玉県福祉部福祉政策課    江森調整幹    と話し合い。
2008.04.08 Tue l 未分類 l COM(0) l top ▲
 「今日は天気が崩れます。まさに花散らしの雨ですね」今朝、車の中で聴いていたラジオからパーソナリティーの声が流れてきた。
 謙虚な色彩でしかし何とも際だった存在感か、新しい季節が到来したことを、桜の花は見事に知らせてくれる。
 咲き始めた桜は、風にも負けずしっかりと耐えながら私たちに色々なことを語ってくれていた。しかし今日は花散らしの雨。もはや役目は終わったと笑っているかのように、風に吹かれ雨に打たれ、音も無く、はたはたと散り急いでいた。

 11時から、CAD製図専門学校の入学式に参加。お祝いの言葉を述べさせていただく。みんな胸に希望を持っている。目が輝いている。誰にもそんな頃があったはずだ。懐かしく思い出させてくれる。

 19時から、友人の福田心平さんのお別れ会。東京、埼玉に4年。「広島に帰ります」との言葉はとても寂しかった。しかし「向こうに帰っても頑張ります」とあどけなく笑う顔を見ていると何でも応援してやりたくなる。もうこちらにいた時のようにちょくちょく会えなくなるげど、がんばれよ。負けんなよ。



2008.04.07 Mon l 未分類 l COM(0) l top ▲
 5時起床。
 6時から、政務調査と資料整理。
 8時から、県連で、第1回委員長・局長会議。
2008年民主党地方自治体議員フォーラム全国研修会が5月12日~13日まで開催されること、ガソリン税等暫定税率廃止を求める署名が埼玉県連だけで、54205名も集まったこと、などが報告された。

 高気圧に包まれたのだろう。今日は青空がどこまでも広がった。
桜の花びらも横に流れ地面を美しく埋め尽くした。



2008.04.05 Sat l 未分類 l COM(0) l top ▲
 11時から、大宮ソニックシティ小ホールで、ハムサム銀座理容美容専修学校の入学式。
厳粛な中にも若者たちの初々しさがうかがわれ、本当によい式典だった。心が洗われた感がした。心を込めてお祝いの挨拶をさせていただいた。

 「愛注がれ慈しみ育てられた保護者の皆様方にとり本日はこの上なき感動の日とご拝察申し上げます。また入学者にとりましても胸の高鳴り抑え切ることできぬ一日とご拝察申し上げます。誠におめでとうございます。
私の糧としている詩をお贈りしお祝いの言葉としたく存じます。わずか六行の詩です。

千度呼べば 新川和江

千度呼べば/思いが 通じるという
千度呼んで通じなくとも/やめては しまうまい

神さまが うっかり/かぞえちがえて
あのひとを振りかえらせてくださるのは
千一度目かも/知れませんもの

決して諦めないという、みなさんの今日の決意が貫かれますよう、心から祈りあげております。」
2008.04.04 Fri l 未分類 l COM(0) l top ▲
 今日は、二十四節気の1つ清明(せいめい)。本当に気持ちよく青空が広がった。何度も「あ~気持ちいいなあ~」と体を伸ばしてしまっていた。桜の花の淡さも青空に良く映え少し色が強くなったような気がした。清明は万物がすがすがしく明るく美しい頃。様々な花が咲き始める頃だという。
 10時から、『埼玉県議会 民主党・無所属の会レポートVol.1』の編集。いよいよ最終校。いいのが出来てきた。みんなに気に入ってもらえるといいなあ。
 第80回記念選抜高校野球大会の甲子園では、準決勝2試合が行われた。聖望学園(埼玉県)と千葉経大付(千葉県)が対戦。聖望学園が4-2で千葉経大付を降し、センバツ初出場で決勝進出を決めた。
母校が甲子園に出場した折り、夜行電車で応援に行ったのを思い出す。埼玉の決勝進出は何年ぶりなのだろう。
2008.04.03 Thu l 未分類 l COM(0) l top ▲
 5時起床。
 6時半から8時半まで、北浦和駅東口で、
武正代議士の松岡秘書と2人で「おはようございます!県政報告駅頭」。
「昨日からほとんどのスタンドでガソリン価格飛躍的に下がりました!」
「ガソリンの価格を下げること実現しました!」
「自民党が考えていた、暫定税率10年延長は実現しませんでした!」
などとご報告をする。
 ビラが飛ぶように無くなっていった。

 

 20時から、県議会会派控室で、『埼玉県議会 民主党・無所属の会レポートVol.1』の編集作業。
2008.04.02 Wed l 「おはようございます!県政報告駅頭」。 l COM(0) l top ▲
 今年も鮮やかな光彩の帯を連れて春がやってきた。
北海道では地吹雪となった、日本全国花冷えの今日。
どうしても桜の花が見たくなり、仕事の合間をぬって出かけた。
 「櫻の樹の下には、屍体が埋まっている! これは信じていいことなんだよ。」
大学時代、新左翼のビラで埋まっている学生会館の壁に、そのままこの文章が書き連ねてあった。
梶井基次郎の小品『桜の樹の下には』の冒頭の部分だ。
 桜の花の淡い色は、なぜか私の胸を苦しくさせ、高鳴らせる。

終日、『埼玉県議会 民主党・無所属の会レポートVol.1』の編集に忙殺。



2008.04.01 Tue l 未分類 l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。