上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 一日雨。

 9時30分、大宮ソニックシティビルにて開催された、「さいたま市の環境と公共交通システム研究会」の総会に参加する。
同会は、さいたま市に次世代型路面電車(LRT)構想の実現をはかる研究団体。坂本和穂氏が会長。私も会員。



 引き続いてなわれた講演会では、国土交通省関東地方整備局建政部の赤星・都市整備課長から「LRT導入の必要性と国の支援策」との講演。

 昭和初期から、わが国の数多くの都市で人を乗せ重要な役割を果たしていた路面電車。急速な自動車中心社会への移行の中、またバスや地下鉄への転換に伴って廃止が続いた。現在わずか17都市(約200km)のみで営業が行われているのみだそう。

 しかし、低床式車両の活用や軌道・電停の改良で乗降の容易性・定時性・速達性・快適性などの面で優れた特徴が人々に気づかれるように。次世代型路面電車システム「LRT(=Light Rail Transit)」が、人と環境にやさしい公共交通として再評価されるようになっている。

 欧米での導入事例が増えているLRT。私も民主の県議仲間と視察調査したが、平成18年には日本初となる本格的LRTが富山に登場。懐かしいけれども新鮮な切り口のまちづくりの手法として、今後LRTを導入する自治体が増えるはずだし、さいたま市でも走らせたいものだ。
スポンサーサイト
2008.05.31 Sat l 未分類 l COM(0) l top ▲
 5時起床。 
 6時半から8時半まで、北浦和駅東口で、武正代議士、松岡秘書と「おはようございます!県政報告駅頭」。


 9時から12時まで、県庁にて政務調査。
 13時から15時まで、さいたま共済会館にて開かれた、連合埼玉主催の「政策フォーラム」に参加。
 基調講演は、経済評論家の佐藤治彦氏。「日本は今や階級社会。貧富により教育にも格差が生まれ、固定化されつつある」と訴えられていた。そして「この格差社会の進行を止められるのは、政治でありまた労働組合である」と語った。
 その後分野別に分科会が開催。私はC分科会「地域医療の現状と課題・医療崩壊の知らざる真実」に参加する。ここで済生会栗橋病院の本田宏副院長から、医療現場とわが国医療制度の困難を聞く。情熱溢れる人の話はどうしてこんなにもおもしろいのだろう。



 19時から、民主党埼玉県第1区総支部幹事会。
2008.05.28 Wed l 「おはようございます!県政報告駅頭」。 l COM(0) l top ▲
「私は、金閣の屋根の頂にある長い歳月を風雨にさらされた
金銅の鳳凰を思った。
この神秘的な金色の鳥は、時も作らず、羽ばたきもせず、
自分が鳥であることを忘れてしまっているに違いなかった。
しかしそれが飛ばないように見えるのは間違いだ。
ほかの鳥が空間を飛ぶのに、この金の鳳凰はかがやく翼をあげて、
永遠に時間のなかを飛んでいるのだ。時間がその翼を打つ。翼を打って、
後方に流れていく……。」

今日、50歳になった。
何ということかとも思う。
みんなが進学の準備に取り掛かる高2の暑い夏休み、
反発して本ばかり読み彷徨していた。
ドストエフスキーや北杜夫を熱心に読んでいたのに、
初めて手にした三島由紀夫。
上記の部分が当時鮮烈で、少年であった私の頭から離れなかった。
私も時間のなかを50年飛んだのだ。
2008.05.27 Tue l 未分類 l COM(0) l top ▲
 11時から、南箇公民館で開かれた、第34回浦和北部第二地区社会福祉協議会定例総会に参加。
社協では、地域住民の方々と社会福祉関係者が手を携えた力で、地域の福祉推進の原動力の役割を担い、様々な活動を行っている。
各地区内の敬老会、慰問活動、福祉講座の開催など、意義ある活動を地道にされている訳だ。深く敬意を表すところだ。懇親会では色々なお話しやご意見をいただく。
 
 13時から16時まで、さいたま市産業文化センターで開かれた、「いじめから子供を守ろう!いじめ撲滅!彩の国タウンミーティング」に参加する。
埼玉県教育委員長・高橋史朗氏から、県が昨年12月に実施した『いじめに関する実態調査』の結果が報告された。
「いじめの被害経験があるか、いじめの加害経験がある者が全体の54、4%もいる。つまり大半の子がいじめと関わっている」という驚くべき報告。
なぜ子供はいじめをするのか。について彼は、日本の若者には夢がなく、他者とともに活きる力が育っていないから」とした。
「他者とともに活きる力とは、共感性と自己抑制力である。これを体得できていない子供、ひいては大人は人を平気でいじめる」とした。「日本人は昔から『三つ子の魂百までも』と言ってきたが、脳科学者は最近それを臨界期と言う。脳の発達段階を見ると3歳でも60%神経回路ができている。8歳で90%以上できている。その大事な時期に、どう父性や母性に関わるわるかということが大事。関わりがないと、他者との共感性を育てることができずいじめをする」と語る。


 
 19時から、政務調査費の会計処理。
2008.05.25 Sun l 未分類 l COM(0) l top ▲
 9時から、浦和駅西口で、「浦和ウナコちゃん」像の除幕式。90㎝の台座の上に身長120㎝のウナコちゃんがのっている。多くの人が集まって祝った。



 10時から、さいたま新都心けやきひろばで、彩の国食と農林業の祭典。挨拶の上田知事の口から「農業産出額で県産ネギは2位、キュウリは3位、小麦は5位…」と数字がポンポン出てくる。さらに「私もこんなに買った」とバックの中から野菜を取り出し披露していた。
消費地と生産地が隣り合っているという埼玉県は、どこにも代えがたい農業優性、特性を持っている。
 ただ県内の農業就業人口は10万人を割ってしまっており、総農家戸数は8万戸を割っている。農地は県土のわずか6%にすぎない。環境問題や食糧自給が問われている今、都市と共生する埼玉農業づくりが課題と言えようか。



 13時から、さいたま市役所駐車場などで開かれた、うなぎまつりへ。年々活況を呈している。会場はうなぎを焼く香りに包まれていた。あなどれない集客力のイベントだ。



 16時から、政務調査費の会計処理。
 20時から、民主党の党員・サポーター集めの集計作業。
2008.05.24 Sat l 未分類 l COM(0) l top ▲
 『それいけ!アンパンマン』は1988年から日テレで放送されていた。
86年、87年生まれの二人のわが子に、私もどれだけこの登場キャラクターを真似て描いてあげたことだろう。
しょくぱんまん、めいけんチーズ、ばいきんまん、ドキンちゃん、かぜこんこん、犬のおまわりさん、イクラ姫、おせんべまん、かんぴょう三兄弟 、牛丼まん、パイナップル村長、ピーマントリオ、
ピロシキおじさん、みるくぼうや、らーめんてんし、クリームパンマン、ドキンちゃん…。
2人の子どもたちの笑顔や歓声が昨日のようだ。

原作のやなせたかしさんはもうすぐ90歳。
作詞家であり、絵本作家であり、
きずなちゃん=日本臍帯血バンクネットワークシンボルキャラクター、
人KENまもる君・人KENあゆみちゃん=法務省人権イメージキャラクター、
などの公的キャラクターも考案されたりするお仕事もなさっている。

そのやなせさんが、浦和うなぎをそだてる会のマスコットである浦和うなこちゃんをデザインされている。
あさっての24日土曜日、この『浦和うなこちゃん』像の除幕式が行われる。
場所はJR浦和駅西口真ん前だ。
浦和の新しい顔としてみんなに親しまれるに違いない。
2008.05.22 Thu l 未分類 l COM(0) l top ▲
 15時から、千代田区の星陵会館で開催された、八ッ場ダムを考える1都5県議会議員の会結成総会に参加する。
 東京駅から国会議事堂裏の会場まで、約1時間てくてく歩いてしまった。和田倉門→馬場洗門→祝田橋→桜田門→国土交通省→国会議事堂と緑の中、気持ちがよかった。

 国が建設続行に固執している八ッ場ダムについて、必要性の徹底検証などが、結成目的。1都5県から61議員が加入。
 埼玉県議会民主党・無所属の会からは、菅県議、中島県議、木村県議、北村県議、秦県議、山川県議、私が参加。別会合のあった小島県議、田並県議、新井県議も遅れて参加。報道もたくさん来ていた。
ただ、せっかく都県の境を越えて課題を解決しようとする動きだったのに、党派性を守ろうとする発言が散見されたのは残念だった。



2008.05.19 Mon l 未分類 l COM(0) l top ▲
 5時起床。
 6時から9時まで、政務調査。
 10時から15時まで、民主党の党員・サポーター集め。
 16時から、浦和駅西口駅頭で行われた、月1回定例の民主党第1区総支部街頭演説会に参加。
武正代議士と代わり番こにマイクを持ちビラを配る。
後期高齢者医療制度を廃止させる署名用紙も同時に配るが、4月の時と同様、同制度に対する非難の声が強いのを、駅頭で痛切に感じた。
また県議会報告として、「政務調査費の全面公開の準備が整いつつある」、「この公約は必ず果たす」ことも話させて頂く。「会派として政務調査費の残余金約3800万円をすでに返還した」という話には驚かれた方が多かった。



2008.05.18 Sun l 「おはようございます!県政報告駅頭」。 l COM(0) l top ▲
 5時起床。
 6時から、資料整理と政務調査。
 9時から、県連3階で、衆議院選挙対策本部会議。
 10時から、第4回民主党埼玉県連常任幹事会。
 14時から、さいたま市与野産業文化センターで開催された、浦和電車区事件埼玉集会に参加。
 18時ら、民主党の党員・サポーター集め。
2008.05.17 Sat l 未分類 l COM(0) l top ▲
 5時起床。 
 6時半から8時まで、北浦和駅東口で、武正代議士の野中秘書と「おはようございます!県政報告駅頭」。



 10時から12時まで、県議会民主党・無所属の会団会議。
 14時から18時まで、民主党の党員・サポーター集め。
 20時から23時まで、政務調査と資料整理。
2008.05.15 Thu l 「おはようございます!県政報告駅頭」。 l COM(0) l top ▲
 5月とは思えない冷たい風が吹き、気温も15度程度までしか上がらなかった。

 13時から、京王プラザホテルで開かれた、民主党地方自治体議員フォーラム全国研修会・総会に参加する。
 冒頭、菅直人代表代行が、党の目指す分権社会について挨拶。昨年の参議院選挙、4月の衆議院山口2区の補欠選挙での協力に感謝の意を述べ、また国会での動きについて報告。「分権推進ではなく、分権革命とだ」と語り、「国の在り方を変え、予算配分を変え、国の権限を移譲するだけでなく、主権者である国民がその主権を一部は自治体、一部は県、一部は国にあくまで信託するのだ」との理念を強く述べていた。

 鳩山由紀夫幹事長も「NHK世論調査では自民党支持率26%、民主党支持率27%。福田内閣支持率は14%減の21%、不支持は66%」と報告した。その上で、福田首相への問責決議案の提出に関し、「最適の効果、タイミングで出したい」と、総辞職また解散・総選挙に直結する時の提出を示唆した。



 懇親会場では小沢代表は、総選挙の時期について、「解散権は内閣にあり、自分たちの都合の悪い時に解散はしないであろう」とし、「しかし来年の任期まで引き延ばすということは国民が許さない」と語気強く述べた。「総選挙では候補者と地方自治体議員が一緒になって戦い、政権交代を実現して『生活が第一』の民主党政権を作っていただきたい。私も体の続く限り頑張ります」と大声で話していた。

改めて、命がけなんだな…。と思った。



 22時から、政務調査費の会計処理。



2008.05.12 Mon l 未分類 l COM(0) l top ▲
 14時から、久喜市と白岡町の境、星川沿いに広がる雑地の中にある、産業廃棄物の山の現場を岡県議と視察する。息をのむほどの廃棄物の投棄。川沿いにどこまでも続いている。
ムカデ大発生、ガスの発生、そして爆発の可能性、飛散の被害、崩落の可能性…。もともとあった風景を突然無惨に変え、しかも近隣に危険性を与える産業廃棄物の山。土地の所有者の意向などお構いなしだ。
埼玉県が07年3月までに撤去させた廃棄物の総量は82000㎥。しかし原状回復させるのは簡単ではなくいくつかのやっかいな問題点が存在する。
公費を使って撤去すべきかがまず議論の最初。現在も3000㎥以上の廃棄物の山は、県内に約100カ所もある。

2008.05.07 Wed l 未分類 l COM(0) l top ▲
 7時起床。
 14時から、武正代議士と松岡秘書そして私の3人で、浦和区内の住宅街を桃太郎。
岸町→東岸町→東高砂町→本太→駒場→元町→領家→北浦和と、約4時間ワイヤレスメガホンとマイク、それにビラを持ちながら、ひたすら歩き続けた。



 「桃太郎」とは、政策などを訴えながら隊列を組んで練り歩きを行うことを言う。
桃太郎が犬、猿、キジと並んで行進する様子から名づけられたもの。
選挙になると駅周辺や商店街を「桃太郎」するのはよくあるが、GWに住宅街を「桃太郎」するのは初体験。
昔話の「桃太郎」は総勢1人と3匹なのに今日は総勢が3・・・。なのはご愛嬌。

「後期高齢者医療制度は、わが国の基礎をつくった方々に行政の不手際を押し付ける。廃止させましょう」
「県議会民主党では公約を守り政務調査費の全面公開を5月には果たします」などと訴えた。
2階から声援を送ってくれる方、立ち止まってビラを受け取ってくれる方、
「冷たいものでも飲んでいきませんか」と誘ってくれる方、
色々な方に出会え、様々なお話が聞けた。
 
 ふくらはぎがパンパンになった。
松岡秘書の万歩計が1万6千歩を指していた。
2008.05.03 Sat l 未分類 l COM(0) l top ▲
 政令指定都市さいたま市の市議会構成は、民主党が10人で第2の勢力だった。いわば浦和区など10の区各々に市議が1人ずつ当選していると言うことだった。
 しかし本日付で、さらに無所属の3人が参入し13人の勢力となる。設立趣意書には「市民の立場に立った政策提言と市政のチェックという議員の基本的な責務を全うする政策集団として活動するとの理念の下…」とある。
 民主的政策集団の勢力拡大は喜ばしいことだ。ちなみに県議会の私たちの会派の名前、民主党・無所属の会と全く同じだ。
2008.05.01 Thu l 未分類 l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。