上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 1940年2月2日第75帝国議会で、斎藤隆夫代議士が放った、日中戦争処理に関する政府批判演説をご存じか。
 一枚の録音盤が残っている。それを聴いたことがある。
政府糾弾の国会演説。他代議士たちの猛烈な怒号と罵声が、そこから飛び出してくる。
 
 「聖戦の美名に隠れて、曰く国民主義、道義外交、共存共栄、世界の平和等、雲を掴む様な文字を並べ立てて国家百年の大計を誤るような事あれば、政治家は死してもその罪を滅し得ない。この事変の目的はどこにあるか」
「国民は悲憤の涙を流しつつ従順に、黙として政府の統制に服従し、事変を解決すること期待している。かかるに事変以来二年有半の間に内閣は三度も総辞職し(近衛・平沼・阿部)、政局の安定すら得られない状態でどうしてこの国難に当たる事ができるか」と斉籐は強く訴え叫んでいる。

 戦争前夜、圧力統制に屈せず一命を賭し、軍の政治介入、政府、議会の堕落を糾弾した国会演説は衝撃を与えた。
泥沼化する日中戦争、事態打開の解決策示せない政府、軍部の政治介入に指を咥える政治家たち。
斎藤は、戦争で疲弊し切った国民の気持ちを代弁し、国会壇上で叫んだ。
 
 しかし斎藤へ与えられたのは、他代議士たちからの卑劣で猛烈な怒号と罵声の嵐だ。
そして帝国議会議員除名という決定だ。国会はこの時から自壊したのだった。

 時間はちょうど70年経っている。
埼玉県議会はどうか。議会制は深化しているのか。

 互いの意見に真摯に耳を傾け、議会制民主主義の原点を忘れず、県民のため建設的な議論をする場所であることを県議会議員はみんな強く自覚をしているか。
そもそも議員の演説は、他を意識せず、自らの信念を貫徹し、執行部の暴走独走を防ぐためのものだ。
執行部と丁々発止渡り合うところにその意義が歴然とある。誰にもおもねることなく命がけでなければならない。
 
 2009年今年の12月、埼玉県議会において、佐藤征治郎県議が行った、県政に対する一般質問の最中の議場内の騒然とした野次の嵐はまったくひどいモノだった。
佐藤の質問は怒号で遮られ、内容がよく聞き取れないところさえあった。
議会は、相手を打ち崩すようと見苦しい怒号を放つところではない。自民党のそれも青年県議から特にそれは放たれた。政党や議員がお互いに切磋琢磨するところに議会制民主主義の狙いがあるのがなぜわからないのか。そう思われた。
 
 ついに傍聴席から大きな声が飛んだ。
「静かに聞け」。
どうにかならないものだろうか。
県議会も自壊しないことを念ずばかりだ。
 斉籐は当時71歳、佐藤も今年同じ歳になる。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。
スポンサーサイト
2009.12.21 Mon l 未分類 l COM(0) l top ▲
 10時から、道路整備の陳情対応。
 12時から、政務調査費の会計処理。
 15時半から18時まで、浦和コミュニティーセンターで開催された、
全国珠算競技大会=そろばんクリスマスカップ2009に伺う。
毎年強烈な印象を私に与えてくれる何より楽しみにしているイベントだ。
そろばん競技の日本一を競う同大会も、今年で10回目となり、
1000名超の参加者で物凄い熱気に包まれた。
米国からも16名の参加者を迎えた。
ハイパワーでハイスピードなそろばんの世界。
精緻なのになぜか明るい子どもたちの俊敏な動きは、
凡庸な私の頭脳を、「もっと動かせ、もっと働かせ」と挑発する。
 今年も表彰式で日本一の授与させて頂く。


主宰の高柳先生と。


精緻なのになぜか明るい子どもたちの俊敏な動き。

 18時56分、大宮駅から新幹線に飛び乗り宇都宮へ。

 19時半から、宇都宮ライオンビルで開催されていた、宇都宮円卓クラブに参加する。
 昨今の地方政治情勢や地方議会の課題について卓話させて頂く。
熱心な質疑が続き、実に楽しかった。
最終新幹線で浦和へ戻る。
深夜の浦和はしんしんと冷え込んでいた。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。
2009.12.20 Sun l 未分類 l COM(0) l top ▲
 6時起床。
空の高い所に白い雲が横たわっている。晴れ。

 7時から、議案の調査、資料整理。
 10時から、埼玉会館で開かれた、党県連第12回常任幹事会に出席する。



 政権交代を成し遂げた原動力になった民主党埼玉県連の常任幹事会も今年最後。毎月一回開かれてきたが、一回一回の各々を思い起こすと感慨深い。
 党地方自治体議員フォーラム研修会、女性議員ネットワーク会議、党2010年度定期大会などの報告。
 2011年統一地方選挙の擁立方針などの協議。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。
2009.12.19 Sat l 未分類 l COM(0) l top ▲
 10時から、埼玉県議会・公社事業対策特別委員会開かれる。
埼玉新都市交通(株)、埼玉高速鉄道(株)、(社)埼玉県農林公社各々から、改革の取組についての報告。
また今年度の事業報告書、次年度の事業計画も提出された。
 私から埼玉新都市交通(株)社長に対して、
「大宮駅スロープの昇降は、お年寄り、体の不自由な方にとっては困難あるのではないか」、






「ニューシャトルの大宮駅最終電車の時間延長は出来ないか」
などの質疑をする。

 13時から、県議会の森開設記念式典に参加。
議長公館・議員会館の閉館にともなって、同敷地を県議会の森とした記念セレモニーが、
大部分の県議参加のもと開催された。
あと5年もすれば、ボリュームのある森となり、憩いの場なることだろう。



 15時から、埼玉県議会・動物と共生する社会を推進する議員連盟総会に参加する。
栗橋町で起きた多頭飼育者の崩壊問題について関係者が講演する。
講師は、彩の国動物愛護推進員の藤原さん、日本動物生命尊重の会の金木さん。

 17時から、今議会の議案資料の整理。
民主党・無所属の会控室の模様替え。田並県議、新井県議が私の机の真ん前に来ることになった。

 18時から、忘年会3件廻る。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。
2009.12.18 Fri l 未分類 l COM(0) l top ▲
 10時から、警察危機管理防災委員会開かれる。

 危機管理防災関係では、緊急地震速報や弾道ミサイル発射情報等の緊急情報を、県民に瞬時に伝達する、全国瞬時警報システム(JーALERT)の審議。
県内市町村に整備する4億4612万円(導入に期間を要するため繰越明許費)について。

 警察関係では、県内で急増している、ひったくりや自転車盗についての報告がある。
ひったくりの認知件数全国5位、自転車盗認知件数全国3位。景気不透明の影響か。驚愕の順位だ。
またひったくり被害者の94%が女性とのこと。
 私から「加害者の実像を教えて欲しい」と質問。
「ひったくりの55・7%、自転車盗の67・2%が少年による犯罪」との報告。

 14時から、忘年会・新年会情報の整理。
 16時から、衆議院議員会館。
川内博史代議士事務所、森岡洋一郎代議士事務所、石井章代議士事務所。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。
2009.12.16 Wed l 未分類 l COM(0) l top ▲
 15時から、浦和駅西口で行われた、北朝鮮に拉致された日本人を救出する署名活動に参加。
北朝鮮に拉致された日本人を救出する埼玉の会主催で、日本人拉致問題の早期解決を図る県議会連盟との合同活動として敢行された。



 16時から、浦和駅西口で開かれた、民主党埼玉県第1区総支部街宣活動に参加する。
夕刻に近づくにつれ冷え込む。
「今年1年も民主党は大変お世話になりました」
「特に政権交代に直結する総選挙ではお支えをありがとうございました」
「従前通り、ムダな税金の使い道をチェックし、本当に国民県民のために使われるよう監視していきます」
などと、武正代議士と2人で、
マイクから訴えた。
「ご苦労様」
「頑張ってね」などの
お声をたくさんいただく。



 18時から、武正代議士の「語る会」スタッフとの食事会に伺う。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。
2009.12.13 Sun l 未分類 l COM(0) l top ▲
 県議会、県政に対する一般質問2日目。
昨日の私に引き続いて、民主党・無所属の会から、
木村県議が登壇。
1 地域主権の実現について
2 新型インフルエンザが学校教育現場に及ぼす影響と対策について
3 県立学校における給食の安全対策について
4 大学生の就職支援について
5 農業を雇用の受皿に
6 インターネットの適正利用について
 (1)ケータイと情報リテラシー教育について
 (2)ネット上の見守り活動について
7 期日前投票について
8 JR埼京線の最終電車の時間延長について
以上を質問。
 夜、仲間のみんなで食事会。
質問をした木村、浅野目2人の健闘を讃えてくれた。
嬉しかった。
色々なことを話し合い、夜があっという間にどんどん更けていった。仲間はいいもの。



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。
2009.12.09 Wed l 未分類 l COM(0) l top ▲
 5時起床。
準備に準備を重ねてきたが、
さあいよいよ今日は質問だ。
どんどん陽が昇ってゆく。

 10時から、登壇。
 バングラデシュの防衛省課長など上級国家公務員が来訪される。青年官僚16人が私の傍聴に来られたのだ。
傍聴席や議場に向かって「日本人として恥ずかしくないように質問したい」と質問の冒頭述べる。



 質問項目。

1 公益通報制度の機能発揮の方策について (教育長)
2 学校現場におけるそろばん教育の充実について
 (1) そろばんの普及啓発について (知事)
 (2) 県教育委員会のできること (教育長)
3 県公立高校入試制度の改正について (教育長)
 (1) 入試制度変更の経緯について
 (2) 入試制度改正による競争率への影響について
 (3) 学力検査の点数変更による影響について
 (4) なぜ後期試験は3教科なのか
 (5) 入試制度の検証について
4 設計等業務委託の低入札化の防止に向けた最低制限価格の導入について (総務部長)
5 犬猫殺処分ゼロを目指す施策について (保健医療部長)
 (1) 動物愛護推進員制度の充実について
    ア 公募の際の合格基準について
    イ 動物愛護推進員の増員について
    ウ 具体的な活動について
    エ 動物愛護推進員の資質向上について
    オ リーダーの育成について
 (2) 保健所における土日休日などの収容動物の適正管理について
6 八ッ場ダムについて
 (1) 平成22年度における八ッ場ダム関連予算の計上について (企画財政部長)
 (2) 「今後の治水対策のあり方に関する有識者会議」について (知事)
 (3) 暫定水利権について (〃)
7 旧浦和青年の家跡地におけるアスベスト検出問題について
 (1) 発見できなかった理由について (総務部長)
 (2) アスベスト対策について (環境部長)



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。
2009.12.08 Tue l 未分類 l COM(0) l top ▲
 5時起床。
 今日は大雪。厳しい寒さ。
漆黒の空にぐんぐん光の矢放って太陽が昇ってくる。
 6時半県議会着。
 午前中、県議会で、県政に対する一般質問の原稿をひたすらつくる。
 12時から16時まで、石井章代議士事務所、川内博司代議士事務所。
 17時から県議会で、再び県政に対する一般質問の原稿をひたすらつくる。
 
 明日(12月8日13時から)登壇します。
一所懸命やります!
ご都合つけば、傍聴へどうぞ。
必要なモノ何もありません。お体お一つでお出かけ下さい。
ネットでもリアルタイムで放映されます。
http://dvlsv.skipcity.jp/saitamaken/2.html



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。
2009.12.07 Mon l 未分類 l COM(0) l top ▲


 兎に角仲が良かった。
初めて出逢ったのは2年前の4月。
お互いに県会議員初当選。
何度一緒に食事をして、何度笑い合い、何度深く話し合ったのだろう。
酒の飲めない私でも、彼と酒宴をもつことは何よりの楽しさだった。

 何と自分とよく似たタイプなのかとも思った。
彼は深谷市議会議員に33歳で初当選。
私は上尾市議会議員に25歳で初当選。
彼は在職10年目の43歳で議長に駆け登り、
私は在職12年目の37歳で議長になつた。
お互い声が大きく、人を笑わせるのが好きだった。
少し寂しがり屋で、一人で食事をすることなど絶対にできなかった。
「お前から無謀を取ったら何が残るか」とよく言われていたが、
彼もそんなことをよく言われていたと言っていた。

 2年8か月の県議会での付き合いだった。
私に「よく考えてみようぜ。浅野目ちゃん」と言うのが口癖だった。
なのに許せないことに、
会派を離脱する時も、
県議会議員を辞職する時も、
私を置いてひとりでいってしまった。

「浦和に1時に着く。今日が(県議会の)最期だ」
という電話が午前中に入った。
 歩いて歩いているのだろう。
「靴がボロボロなんだ」というから、
靴屋さんへ一緒に行った。

 民主党埼玉県連、議長室、知事室、議会事務局。
「最期まで見届けてやる」と言って、
最期の手続、挨拶、ずっと一緒に歩いた。

 山田詠美の短編に『ひよこの眼』という小品がある。
「人生に対して礼儀正しい人」という言い回しが出てくる。
そういう姿勢で生きている感じの人間だった。
どんな人の話にも耳を傾ける。
ウソをつかない。コソコソ人を騙さない。
数字や法則で動かない。何か違うモノで動き出す。物凄いスピードで動き出す。そして何たって温かい火のような人間だった。

 小島進よ。さようならだ。
絶対に負けるなよ。
私の一般質問が終わったら、すぐ深谷入りするからな。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。
2009.12.01 Tue l 未分類 l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。