上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 6時起床。
 9時から、ベルヴィー武蔵野で開催された、ハンサムグループ入社式に出席する。
溌剌として何かをやり遂げようとする気持ちが、新社員の顔に満ちていた。




 12時から、選挙管理委員会に提出する収支報告書の作成。
 18時から、清水園で開催された、埼玉政経フォーラムに参加する。同フォーラムは上田きよし後援会が後援している。実質的な上田機動部隊の集まりだ。
今回の講師は上田知事自身。演題は「県政と日本の展望を語る」。
久し振りに気迫ある上田節が聞けた。
講演主旨「教育力が急落している。犯罪が増えている。15年も経済力が伸びていない。
つまり国家ガバナンスが落ちている。再構築は難しい。しかし復元力を信じている。歴史的にも負けたところに学ぶ、強い所と同盟を結ぶといった形で、復元力が発揮されてきた。
民主党の一丁目一番地は、地域主権だ。民主党には直観力があるかもしれない。地域にガバナンスを与える。舵取り難しいが、復元力を地域に与えれば、乗り越えられるのだ」。



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。
スポンサーサイト
2010.03.29 Mon l 未分類 l COM(0) l top ▲
 14時から、市民会館うらわで開催された、22年度民主党埼玉県第1区総支部の党員・サポーター大会に出席する。
市議会、県議会から公約達成状況の報告がされる。
闊達な意見がみなさんから出される。

 16時から、浦和駅西口うなこちゃん前で行われた、民主党埼玉県第1区総支部の街頭演説会に参加する。
私からは、26日に閉会した県議会の報告などを、マイクからまたチラシを配りながらさせて頂く。
 寒い風が駅前を走っていた。
 青年会議所時代の仲間の野口さんに出会う。
写真は野口さんに撮って頂いた。







にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。
2010.03.28 Sun l 未分類 l COM(0) l top ▲
 18時から、調神社隣の調公園で行われた、岸町商店街花見の会に参加する。
まだ桜の花の蕾も固いまま。何より寒い。
だから、お花見をやっている方々は、私たちだけのたった一組。
勇気を奮って「ちょっと早すぎたんじゃないんですか」と尋ねた。
すると「区長さんの送別会も兼ねて開いたんだ」
とのみなさんの答え。
そうか、平澤浦和区長さんは定年退職だとお聞きしていたっけ。
新年会、総会、式典…。平澤区長さんと私は本当によくご一緒させて頂いた。
2月のある新年会で、「今年の新年会は浅野目さんと36回一緒だった!」と大きな声で笑ってらした。
 浦和うなこちゃんの持つうちわ何種類ものデザイナーという噂の人物でもあった。
明るくて自分の考えを持っていらっしゃるところが、私も大好きだった。
 商店街のみなさんや平澤区長さんとお話ししているうちに、寒いお花見の会がなんだか温かいものに少しずっ変わっていくのがよく分かった。
 また会いましょう。平澤区長さん。


左から、行田参議院議員、私、山口さん、平澤区長、後藤さん。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。
2010.03.27 Sat l 未分類 l COM(0) l top ▲
 10時から、本会議。
平成22年度埼玉県一般会計予算案に賛成討論に立つ。
 
「民主党・無所属の会の浅野目義英です。
民主党・無所属の会を代表して、
平成22年度埼玉県一般会計予算案に賛意を示し、賛成の立場から討論させて頂きます。

予算特別委員会の席上、私ども民主党・無所属の会所属の委員から、
子ども手当の理念について、問いかけられた折り、知事は、
「子ども手当は、社会全体で未来を担う世代を支えようという考え方に基づいている」
との見解を示されています。
また、県立高等学校の授業料無償化に関して、
「勉学に関しては、社会全体で支えるという考え方であり、理念としては正しい」
と述べられています。
これらの政治理念は、私たちと軌を一にするものであり、
心から敬意を表したく思います。

政権は代わりました。
しかし政権には課題が存在していることを、地方議員として自覚しないものではありません。
ですから、謙虚に耳を傾け慢心にならず、国民・県民のための政策を強くすることが必要なことと考えています。
子ども手当法では、公明党の修正要求を受け入れ、対象外となっていた福祉施設に入所中の児童への手当支給の検討を付則に明記しました。
高校無償化法案でも、公明党が授業料負担の公立、私立間の格差拡大が懸念し求められた「制度の3年後の見直し」を付則などに盛り込みました。

政権交代もそれに伴う改革も歴史の必然です。
それらに即応され、新たな政策の基軸などに意を配し、予算編成に取り組まれた点について、
私たち民主党・無所属の会は高く評価したく思います。

さて、今回の新年度予算は、
県税収入を見ると、平成21年度予算では前年度比約1200億円の減収、
そして今回の平成22年度予算では約956億円の減少と、
毎年毎年1000億円ずつ減少という、
いまだかつてない厳しい財政状況です。
けれども、厳しい経済情勢のただなかにあり、限られた財源しかない中でも、
重点的に取り組む政策の3つの縦軸として、
「当面の経済対策」、
「未来への投資」、
「暮らしの安心保障」を
基本的な考えと表明し予算編成されました。
これらを貫くあらゆる政策の横軸としては、
「雇用の創出・確保」を貫くとされました。
知事は22日開会の冒頭の提案説明で、
「雇用の水準をリーマンショック以前の7万人に戻すために、
あらゆる政策を動員する」と力強く述べられました。
この知事の意思表示は、県内外の関係者のマインドに、
どれだけ強く響き共感されたと、好感をもって評価したく思います。

また、26日、私どもの矢部代表の代表質問に対する、
答弁のなかで、
知事は「私と大阪の橋本知事の2人は全国知事会からの代表、また地方全体からの代表、との思いをもって地方主権改革が実現むとして、
そして地方全体からの代表との思いをもって働きたい」旨の発言をされています。
自立的社会を築くための地域主権改革を進める意欲あるメッセージの発信は、
この予算編成に対し、あまねく思想として投影されたはずです。
このことも高い評価をしたいと思います。

「当面の経済対策」に関しては、
埼玉版グリーン・ニューディールを推進し、雇用の創出・確保するとしています。
また、「未来への投資」では、
中小企業支援、介護分野への人材誘導、農業の六次産業化を図るなど、より先駆的な取り組みがあり、評価したいと考えます。
三つ目の「暮らしの安心保障」では、
保育所の大幅整備促進や、特別養護老人ホームの確保など、大変要望が多い分野の予算配分がしっかりとなされています。
がんセンターの新病院建設についても予算確保がなされています。
高く評価したいと考えます。

 
よって、第1号議案・平成22年度埼玉県一般会計予算案1兆6764億1000万円について、
民主党・無所属の会は賛成します。
以上賛成討論とます。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。
2010.03.26 Fri l 未分類 l COM(0) l top ▲
 朝から冷たい雨。

 10時から、本会議。
議会運営委員会、各常任委員会、各特別委員会および、予算特別委員会の審査経過報告がされる。
 議運以下8常任委員会そして7特別委員会の審査報告は概要(=エッセンス)だ。
県当局と委員(=議員)どのようなやり取りが行われたかは、この報告では濃密に知ることができない。
よって内容を詳細に知るためには、当該委員会に所属している委員(議員)から直接聴き取ることがただひとつの方法である。
審査内容を知るためのもうひとつの方法であるかもしれない議事録を読み込むことは、非常にスローに作成されているため、スピード感をもって確認したい時には無理だ。
 他の委員会の様子が漠然としているから、委員長報告は形式的で退屈なものとなってしまう。
議員の大半は眠っているか眠りそうになっている。
 15もの委員会の審査報告は、わずか90分で終わってしまう。
会社の部課の報告がこんな感じで行われているならば、
即刻つぶれてしまうことだろう。
自分の所属委員会以外のことを知る必要はないということなのか。
何か改良する余地はないものか。

 12時から、大野元裕参議院議員候補予定者が挨拶に来訪される。
 12時半から、民主党・無所属の会団会議。
 13時から、埼玉県内における身元調査などの勉強会。講師は(財)埼玉県人権・同和センターの片岡理事長。
身辺調査を通し本人に責任のない事柄で、採用選考が判断されている実態についてなど学習する。
 15時から資料整理と政務調査費の会計処理。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。
2010.03.25 Thu l 未分類 l COM(0) l top ▲
 妻、肺の病気になる。
味噌汁をつくったら、「今までつくってくれたなかで一番おいしい」。

 22時半、木村県議から戸田市長選挙の結果のメールが入る。
「残念ですが、負けました。いろいろありがとうございました」と記されている。
無念だろう。

 思い起こしてみよう。
昨年2月麻生内閣支持率は15%だった。
今年3月鳩山内閣支持率は30%。
各々の政党が色褪せた時、どれだけ候補者のキャラクターが踏ん張れるかが勝負だろう。
今年の都県議補選と市長選の結果は、民主6勝14敗ということらしい。



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。
2010.03.21 Sun l 未分類 l COM(0) l top ▲
 6時起床。
 7時から、政務調査と会計処理。
 10時から、越谷コミュニティーセンターで開催された、学校法人古藤学園(浦和専門学校+CAD製図専門学校)の卒業式に伺う。
「感動できる人になってほしい」とご挨拶させていただく。
 12時から、同式の祝賀会にも参加させていただく。
 15時から、『あさのめ新聞』の原稿書き。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。

2010.03.15 Mon l 未分類 l COM(0) l top ▲
 10時から、民主推薦の高橋秀樹候補者の出陣式へ参加する。
 任期満了に伴う戸田市長選は今日告示された。
立候補したのは、4選を目指す現職の神保国男氏(67)、
民主推薦の元市議の高橋秀樹氏(63)、
弁護士の大塚信雄氏(53)、
会社会長の今家元治氏(70)の4人だ。
前回は無投票。今回は様変わりし混戦乱戦の激戦だ。
 枝野大臣も応援に駆けつけた。
こう思っているのは私だけだろうか。
大臣を取り囲む周りを威圧する30人ほどのSPは本当に必要なのだろうか。



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。
2010.03.14 Sun l 未分類 l COM(0) l top ▲
 10時から、警察危機管理防災委員会開かれる。
 危機管理防災関係では、新年度一般会計予算案約39億4千万円について審査。
平成20年度に策定した埼玉県業務継続計画(BCP)の実効性を高めるため、シナリオを作成しこれに基づいた訓練を実施するための約344万円。
この業務継続計画(BCP)の策定を、私が県議になってからすぐに求めたものが実現したのは喜ばしいこと。
3つ質問する。
①この策定された計画は、県民にオープンにされているのか。ダウンロードなど可能なのか?
②これからどのような流れになっていくのか。
③マネジメント規格があるのか。
当局答弁は、
①内部のものなので公開していない。
②部単位で一日かけて業務継続計画(BCP)の検証をする。発生6時間後12時間後、何が出来るのか、何が出来ないのか。人は足りるのか。などの参集状況、非常時優先状況を見極めていくことになる。
今後毎年やっていく。
③国の中央省庁のガイドラインを参考にしている。

 警察関係では、新年度一般会計予算案約1444億5千万円について審査。
全国で次年度868名の新警察官が誕生するが、うち最多の91名が埼玉県警採用予定との報告。
これで警察官の定数は11208名となる。
老朽著しい、交通管制センターのホストコンピュータの更新の予算、約14億3千万円についても審査された。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。
2010.03.11 Thu l 未分類 l COM(0) l top ▲
 18時から、新宿京王プラザホテルで開催された、
田中良東京都議会議長に就任を祝う会に出席する。
 自民党以外の政党からの議長就任は何と44年ぶり、また史上最年少での就任となった。
立派なことだ。
いつも彼は言っている。
「在野の議員として都民の目線に立った政治を貫き通していきたい」。
昭和35年生まれの48歳。
私が法政の弁論部にいる時、明治の雄弁部で活躍していた。
お互い刺激し合いながら、以降よく政治活動を共にしていた。
正に青春時代を一緒に歩いてきたという感じだ。
 それにしても壇上に並んだ民主党都議の数は、圧倒するモノだった。
これだけの数をまとめて頂点にのぼりつめた。
ますます頑張って欲しい。
そして私も頑張りたい。



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。
2010.03.10 Wed l 未分類 l COM(0) l top ▲
 10時から、政務調査費の会計処理。

 12時から、埼玉会館で開催された、第17回党県連常任幹事会に出席する。私にとり最後の常任幹事会。大量出馬時代を予見し、選挙対策交付金に関する規約の改正など、総務局長として党埼玉県連のため出来ること全てやった。朝8時からの会議も懐かしい思い出だ。
枝野代表の退任についても、かなりの時間をかけ議論がされる。
 14時から、同会館ホールで開催された、第12回党県連定期大会に出席する。参加者約300人を壇上から見渡し、民主党の成長に改めて驚く。
枝野代表の最後の挨拶の要旨。
「政権与党として大会を迎えることが出来た。目的を達成できたこと心から感謝したい。政治行政システムを変えていくという私たちの役割を強く感じている。しかし、平坦な道ではなかった。様々な国難にもひるむことなくこれからも戦っていきたい」。
 さあ山根参議院議員を中心としての新体制での埼玉県連の船出だ。


枝野大臣の後ろから撮影。

 18時から、戸田市新曽公民館で開催された、オープンミィーティングに参加する。
 講師は、枝野幸男行政刷新大臣。「暮らしの安全を優先する税金の使い方をしたい。最初は無駄遣い許さないとした首長も10年経てば無駄遣い生み出す元凶となってしまう。少子高齢社会の中、時代に合った事業仕訳で新しい政治つくりに邁進していきたい」と話す。会場から割れるような拍手が起きた。



にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださる方、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っていただける方、何卒1日1回クリックをお願い致したい。
2010.03.06 Sat l 未分類 l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。