上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 朝から雨模様。
 9時から13時まで、『あさのめ新聞⑮』編集作業。
 14時から、ヤングチャレンジフォーラムの登坂君、内山君、田中君と打合せ。
 16時から、戸田文化会館で開催された、中島県議の県政報告会へ伺う。
高山代議士、小島深谷市長、木村県議も駆けつけていた。
きちんと県政での仕事を報告されている姿は、地道ながら立派なことであると思われた。
支持者の方もたくさん詰めかけ、支えている方々の層の厚さがうかがい知れた。
 20時から、陳情処理のための話し合い。
 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださるみなさん、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思われるみなさん、どうか1日1回ここをぽっちなーとクリック願います。ランキング参加中です。
スポンサーサイト
2010.09.26 Sun l 未分類 l COM(0) l top ▲
 6時から7時まで、『あさのめ新聞⑮』の編集作業。
 8時、県議会入り。
 9時半から、団会議。
 10時から、9月定例県議会開会。
知事から議案のうち、主なものについて説明がある。
やはり、さる7月25日の墜落した防災ヘリコプターあらかわ1の後継機を購入するための予算を措置したとのこと。後継機購入に当たる説明の中で、「あらかわ1よりも馬力や搭載重量の大きな中型機を導入し、活動能力や安全性の向上を図る」との発言が気になる。
あらかわ1は馬力や搭載重量が小さく、活動能力や安全性の向上が図れなかった機種と言うことになるのか。
県防災航空2機体制の一刻も早い復元は熱望されるところ。
  雇用対策・中小企業支援については、学卒後5年以内の若年未就職者に対する支援として、人材派遣会社と連携し、より充実した研修と職場紹介を一体的に行い、正規就職の拡大を図っていくとのこと。
  中小企業支援としては、県の制度融資について信用保証協会に対する損失補償期間を5年間延長し、金融機関が中小企業からの返済期間延長の申し出に対して柔軟な対応ができるようにしたとのこと。
  10月15日の閉会日まで、論戦が続く。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださるみなさん、県議会議員の様子などを少しでも多くの人に知ってもらいたいと思われるみなさん、どうか1日1回ここをぽっちなーとクリック願います。ランキング参加中です。
2010.09.24 Fri l 未分類 l COM(0) l top ▲

蒸し暑い。やっかいな残暑だ。

11時から、渋谷・県民生活部調整幹、原田・国際課主幹と話し合い。通訳養成のシステムに県がコミットしている部面について。

13時から、ときわ会館で開かれた、埼玉県労福協主催の暮らしの安心・ゆとり創造フォーラムに出席する。
講演内容は「フードバンクを正しく知ろう!フードバンク活動の現状と課題」。
講師はセカンドハーベスト・ジャパンの秋元理事さん。
賞味期限内でありながら様々な理由(容器にキズがある、ラベルがズレて貼られている、ダンボールがへこんでいる等)で、出荷できない食品が多くある。日本人はこういったことを毛嫌いするらしい。
これらを「もったいない」「お裾分け」の日本伝統の思想で、福祉分野の団体・施設に無償で届ける活動をフードバンクと言う。
日本伝統の思想と書いたが、米国では40年もの活動実績が既にある。全米200箇所拠点で、年間取扱高約200万tの食品を再分配しているとのこと。わが国思想の大先輩だ。
セカンドハーベスト・ジャパンは、わが国の同活動を先駆的に取り組んでいる特定非営利活動法人だ。
 講演を聴き、社会生活の中で、食品が無造作に捨てられることを阻止し、支援を必要とする人々へ無償で寄贈する活動は大変な価値があると思った。
「もったいない」から「ありがとう」を連続させるこのリレーの思想に、県でも深く関わるべきだ。
20100921134123.jpg

17時から、サンワオフィスデザインの佐藤埼玉支社長と打合せ。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださるみなさん、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思われるみなさん、どうか1日1回ここを、ぽっちなーとクリック願います。ランキング参加中です。

2010.09.21 Tue l 未分類 l COM(0) l top ▲
 11時から、民主党・無所属の会団会議。
議会が始まる1週間前に議会運営委員会が開かれる。
伴って団の会議が開催される。
議題は九月定例県議会のあらましなどについて。
県がこの議会に上程してくるのは、約7億7253万円の一般会計補正予算案など議案8件、報告案件5件とのこと。
また県は、秩父市で遭難者救助中墜落した県防災ヘリコプターあらかわ1の後継機を、
2012年3月までに、債務負担行為で導入する方針を決めたとの報告がある。
県見積もりでは機体本体が約9億円、装備品は約4億円。
対地上接近警報装置や運航支援用赤外線カメラを装備し、安全性を格段に向上させたとのこと。
 また、木下県議の紹介があり仲間からの拍手で包まれた。
 15時から、9月定例県議会に向けた調査・研究。
 19時から、「あさのめ新聞」編集作業。
 『ローマから日本が見える』塩野七生著、読み始める。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
2010.09.20 Mon l 未分類 l COM(0) l top ▲
 凶暴な夏が退場しようとしている。彼岸の頃まで暑くなったりするのはよく知っている。
しかし秋の匂いが立ちこめ始めてきた。秋の登場となるはずだ。今日は一日弱い雨が降った。
 9時から、政務調査費の会計処理。
 10時から、陳情対応。
 11時から、鈴木・農林部副部長、山崎・農林部調整幹と話し合い。
 JICAの委託事業として、中央アジア・コーカサスの青年16人が10月埼玉県農業大学校へ訪問することの対応について。
 13時から、豊田・環境部調整幹と話し合い。緑の基金による屋上・壁面緑化事業の箇所について。
 14時から、「あさのめ新聞」編集作業。
 16時から、松居・教育委員長と話し合い。「子ども・子育て新システムの基本制度案要綱」の課題について。
 18時から、「あさのめ新聞」編集作業。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださるみなさん、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思われるみなさん、どうか1日1回ここをクリック願います。ランキング参加中です。

2010.09.16 Thu l 未分類 l COM(0) l top ▲
「このような経済危機の時になぜ民主党は代表選挙をしているのか」
駅頭などでもよく受けた質問だった。
自民党要人も「民主党は感覚が狂っているとしか思えない」などの表現で同趣旨の発言をしている。
15日付の中国紙、京華時報は「1年に3回も首相を選ぶ選挙自体みっともない」
との新華社の論評を掲載しているらしい。

私には記憶がある。民主党支持者が党員・サポーターになっていただくお願いの折り、
「代表選挙に投票できる」ことは、ウリであり1つの特典であった。
だから、代表選挙がない時は、「投票出来ないじゃないか」と手厳しくご批判いただいたり、
不快感をあらわにされた。
公党には規約があり、それに従って運営がされている。
 民主党は、規約を遵守し、正々堂々たる選挙を断行し見事だったと思う。
昨晩のテレビでも、コメンテーターが「このような時になぜは代表選挙なのかと当初思ったが、
この選挙はやって良かった」と思わず語っていた。
私も2つの陣営が、政策を披瀝し論戦したことは、悪くなかったと思っている。
しかも小沢候補、菅候補の生き様も一連を通し垣間見ることができた。
私にとり宝以上のモノとなった。

民主党規約
(代表)第11条
2項 代表は、党を代表する最高責任者とする。
3項 代表の任期は、就任から2年後の9月末日とし、重ねて就任することができるものとする。
なお、任期満了に伴う新たな代表の選出をもって任期は終了するものとし、また任期内に新たな代表が選出されない場合には、両院議員総会の承認をもって、任期は新たな代表が選出されるまで延長される。
4項 代表の選出は、所属国会議員、県連を通して本部に登録された党員(地方自治体議員を含む)およびサポーター、その他代表選挙規則にもとづき、役員会の議を経て常任幹事会の承認にもとづき定める有権者による選挙によって行う。
代表選出のための選挙は、代表の任期が終了する年の9月に行うことを通例とする。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださるみなさん、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思われるみなさん、どうか1日1回ここをクリック願います。ランキング参加中です。

2010.09.15 Wed l 未分類 l COM(0) l top ▲
 自民党県議の突然の辞職にともなう県会議員選挙の補欠選挙で、応援させていただいていた木下たかしさんが当選した。
07年4月の統一地方選挙で、23人でスタートした民主党・無所属の会だった。しかしその後、衆議院議員に1人市長に3人が転出された。他の事情もあり現在18人。
自民+公明勢力約60のなかでは無力感さえ沸き立つ数だ。
408票の僅差とはいえ大激戦を制した。久方ぶりに我らにとりうれしいニュースが飛び込んできたという感じだ。
あと約6か月だが県政改革のため、ともにスクラムを組んでいきたい。
 18時から、アポイントの覚地さんとポスターデザイン打合せ。
 19時から、「あさのめ新聞」編集作業。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださるみなさん、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思われるみなさん、どうか1日1回ここを、ぽっちなーとクリック願います。ランキング参加中です。
2010.09.14 Tue l 未分類 l COM(0) l top ▲
 10時から、陳情対応。

 13時から、浦和コルソで開催された、民主党県連主催の民主党党員・サポーター緊急集会に参加する。
埼玉県内1万7千人の党員・サポーターのうち400名が、また多くの一般傍聴者が結集した。
各々の候補を推薦している、中山義活・前内閣総理大臣補佐官(小沢一郎支援)、
蓮舫・行政刷新担当大臣(菅直人支援)の2人から、10分ずつ熱心な支持の訴えがあった。
 その後党員・サポーターから持ち時間1分で各々発言。会場内はヒートアップ。
各々の候補に対する、希望・絶望・期待・怒り・共感が語られた。
 司会の山根・県連代表代行が「ぶっつけ本番で発言者を指名したが支持はバランス取れていた」
と語ったように、支持は真っ二つに分かれた。
 14日投票、開票。臨時党大会が即刻開催される。

緊急党員サポーター大会②


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださるみなさん、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思われるみなさん、どうか1日1回ここをクリック願います。ランキング参加中です。
2010.09.04 Sat l 未分類 l COM(0) l top ▲
 7時から9時まで、「あさのめ新聞」の編集作業。
 10時から、政務調査費の会計処理。
 13時から、大宮ソニックシティ大ホールで開催された、県防災ヘリコプター墜落事故殉職者合同葬に伺う。
埼玉県秩父市大滝ぶどう沢で、県の防災ヘリコプター・あらかわ1が、山岳遭難者の救活動中に墜落した事故が起きたのは7月25日。
殉職したのは、県防災航空隊員の中込良昌さん(42)、同じく戸張憲一さん(32)、秩父消防本部隊員の大沢敦さん(33)、運航を委託されていた本田航空機長の松本章さん(54)、同副操縦士の西川真一さん(32)の5名。
みんな職場で家庭で信頼をされていた立派な5人だったはずに違いない。
転落し救助要請した女性を救うために、当時雷雨が降るなか彼らは出動していた。
命を救う仕事を我が身を顧みずに果たしていた、5人の命が一瞬にして天に帰った。
合同葬はしめやかに営まれ、約1500人の参列者全員が献花し、5人の死を心から悼んだ。
ただ公務員の3人へは叙勲があり、2人には無かったのを知ったとき官尊民卑という言葉が私の心に浮かんだ。
 知事などが、お慰みの言葉もないとしながら、彼らの献身的な活動に深い敬意を示す弔辞を述べた。
二度とこのような悲惨な事故は起こしてはならない。「山岳救助活動ガイドライン」を早く作成するべきだろう。
会場内で「パパーどこにいるのー」との幼子の声が響いたが、殉職者とその遺族に報いる方法のひとつだ。
県議として、私も微力を尽くしたい。
合同葬

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださるみなさん、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思われるみなさん、どうか1日1回ここをクリック願います。ランキング参加中です。

2010.09.02 Thu l 未分類 l COM(0) l top ▲

 朝から雨模様。
 9時から13時まで、『あさのめ新聞⑮』編集作業。
 14時から、ヤングチャレンジフォーラムの登坂君、内山君、田中君と打合せ。
 16時から、戸田文化会館で開催された、中島県議の県政報告会へ伺う。
高山代議士、小島深谷市長、木村県議も駆けつけていた。
きちんと県政での仕事を報告されている姿は、地道ながら立派なことであると思われた。
支持者の方もたくさん詰めかけ、支えている方々の層の厚さがうかがい知れた。
 20時から、陳情処理の話し合い。
 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださるみなさん、県議会の活動を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思われるみなさん、どうか1日1回ここをぽっちなーとクリック願います。ランキング参加中です。
2010.09.02 Thu l 未分類 l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。