上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
  雪が舞うのではないかと思うほど浦和は冷え込んだ。
そんな中、「全国珠算競技大会・そろばんクリスマスカップ2012」に、日本中のみならずブラジルなどの世界中から、今年も約1000名の挑戦者が参集した。
 

  毎年、私が何より楽しみにしている大会だ。
会場はさいたま市文化会館。仲良くさせていただいている小柳嘉文市議会議員と一緒に伺わせていただいた。
巨大な会場は例年のように、興奮と熱気の渦に包まれていた。
大会を主宰されているいる、高柳和之先生の大きな声が会場に響く。
私の胸までが昂揚してくる。
  むしろ頭が平静になってくるほどの静寂と緊張と中で、一人の学者のことが急速に思い出された。

  それは、吉田光由(よしだみつよし)という江戸初期の興味深い学者のことだ。
『塵劫記(じんこうき)』という本を著している。
寺子屋で使用された初等数学までの標準的教科書の定番本だ。
ベストセラーで江戸時代を通じて用いられた。とにかくおしろい内容で好評を博した。
人気抜群となり増刷・改版の数やおびただしい。また驚異的な需要があったからこそ狙われたのだろう。
本書をイミテイトしたものもごっそり出版されたりした。

  この塵劫記の内容は、西欧で発達したような論理的数学とは異なる。
読み・書き・算盤の一つの柱、そろばんという実用算術を中心に据えていることだ。
しかも計算の仕方を憶えやすいように世俗化させている。
読者は、自分の職業に関連した項を学習すれば、目的を完遂させることができるのである。
例えば、材木売り買いの事、木綿売り買いの事、六里を四人して馬三匹に乗る事、日本国中の男女の事、船の運賃の事…。などだ。実にイラストも多い。
当時の生活の具体的な実例とセットでそろばんでの計算の仕方が説明してある。
ことに、当時の前衛算術であったそろばんの加減乗除法については豊富な実例があるのだ。

  『塵劫記』は不思議な本でもある。巻末に他の数学者への挑戦として、解答を付けない問題(=遺題)を出したりした。
先出された遺題を解き新たな遺題を出すという繰り返し(=遺題継承)が始まり、この連鎖で各問題は急速に、高度化・複雑化していく。
遺題継承が盛んになるにつれて、しばしば、それまでの初等算術的な解法では限界がある問題が出現してくる。
つまり世代を超えて解法が待たれる領域に次々突入していき、後世の俊英の手に解法を委ねるバトンが手渡されていったわけだ。
前進と熟成の繰り返しは、偉大な数学者沢村一之、関孝和、田中由真、坂部広胖と至る、世界でも例を見ない大河のような系脈をつくりだしていく。

  そろばんが江戸時代に飛躍的に定着したのはまったく『塵劫記』によるものだろう。
そろばんによる計算方法が日本に溶け込み、日本人の生活にそろばんが溶け込んでいったのは、この本による。
そして、この本により江戸時代にそろばんがキチンと日本に定着していったことは厳然たる事実だ。
開国しても日本人が体得していた数学概念が大いに役立ち、真っ直ぐ近代化の原動力になっていく。
 
  興奮の中で繰り広げられた熱気あふれる、「全国珠算大会・そろばんクリスマスカップ2012」を天界から見つめ、『塵劫記(じんこうき)』を著し改版を続けてきた、吉田光由先生は大いに喜んでいらっしゃるに違いない。

DCIM0798.jpg
▲今年も、日本一の賞状を手渡させていただく。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださっているみなさん、1日1回ここをぽっちなーとクリック願います!ランキング参加中です!いつもぽっちなーして頂いて感謝です。8位です。
スポンサーサイト
2012.12.23 Sun l 未分類 l COM(0) l top ▲
 5時起床。いつも見える月が見えなかった。
 6時から8時まで、北浦和駅東口で、駅頭活動。

 「蛙の面にしょんべん。という言葉を知っているか」と声をかけられる。
「はい」と応答すると、「民主党の顔に糞尿だ!」
と大声で叫び、人ごみに消えていった。

エドワード・シルヴェスター・モース 。
ご存知、大森貝塚を発見した米国学者の、明治初頭来日した折の言葉を思い出す。

「自然及びすべての自然物に対する愛、挙動の礼儀正しさ、他人の感情に就いての思いやり、つまり品性・・・これらは、日本の恵まれた階級の人々ばかりでなく、最も貧しい人々も持っている特質である」。
 
  言葉の貧困、言い放つことの品性の無さを、朝から考える。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださっているみなさん、1日1回ここをぽっちなーとクリック願います!ランキング参加中です!いつもぽっちなーして頂いて感謝です。8位です。
2012.12.13 Thu l 未分類 l COM(0) l top ▲
  月の光が漆黒の夜に沁み入っていた。
6時から8時まで、浦和駅東口で駅頭活動。
手の甲の太い血管が、寒さで細くなっていく。
「今朝も厳しい寒さとなりました。ご通勤ご通学お気をつけて行ってらっしゃいませ!」。
今度の日曜日が投票日。
「落ちろ!」が2人。「お疲れ様、頑張ってね」が2人。

浦和駅東口
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださっているみなさん、1日1回ここをぽっちなーとクリック願います!ランキング参加中です!いつもぽっちなーして頂いて感謝です。8位です。
2012.12.12 Wed l 未分類 l COM(0) l top ▲
個人演説会。
食い入るように、育ててきた政治家の話を聴く。
涙で会場が揺れる場面も。
②個人演説会
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださっているみなさん、1日1回ここをぽっちなーとクリック願います!ランキング参加中です!いつもぽっちなーして頂いて感謝です。8位です。
2012.12.11 Tue l 未分類 l COM(0) l top ▲
選挙演説会は、選挙期間中に立候補者、またはその関係者が自らの公約、ビジョンなどを有権者に伝えるために開催されるものだ。
個人演説会は、その中の一種類。
複数の候補者ではなく、一人の候補者が行うので、こう呼ばれるのだろうか。
自治会館などの公営施設を借りて実施される。
今夜も、3会場で開催された。
多くの方々が熱心に参加された。

個人演説会

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださっているみなさん、1日1回ここをぽっちなーとクリック願います!ランキング参加中です!いつもぽっちなーして頂いて感謝です。8位です。
2012.12.07 Fri l 未分類 l COM(0) l top ▲
  寒い朝となりました。

  我が国の行く手を決める「総選挙」。
野田佳彦・内閣総理大臣・民主党代表が、浦和に入ります。
●本日、12月3日、午後3時半から、浦和駅西口駅頭。
私も、マイクを持ちます。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださっているみなさん、1日1回ここをぽっちなーとクリック願います!ランキング参加中です!いつもぽっちなーして頂いて感謝です。8位です。
2012.12.03 Mon l 未分類 l COM(0) l top ▲
  総選挙が始まる。
  しかし、明日、埼玉県議会12月定例会も招集される。
頭の中で「冷静に、冷静に」ともう一人の私が話しかけてくる。
親分を勝たせなければ、子分の意味はない。
しかし、県議会議員の仕事は私に課せられた最も重要な職責だ。
「冷静に、冷静に」。
沈思黙考、沈着冷静、熟慮断行…。
両方必ず上手くやれる。頑張ろう。

  今定例会に提案される諸議案のうち、主なものは次の通り。

  企業局で整備した、騎西城南産業団地等における2区画の新分譲と、過去に締結した分譲契約の解除などに伴う所要の補正。

  市町村への権限移譲を推進するため、新たにNPO法人の設立認証などの事務を移譲するとともに、既に移譲している事務について対象市町村を拡大するもの。

  個人県民税寄附金控除の対象となる特定非営利活動法人を個別指定するための手続や基準などを定めるもの。

  青少年を取り巻く社会環境の浄化をより一層推進するため、青少年に対し入れ墨を施す行為について禁止することなどを定めるもの。

  また、追加議案もある。
去る11月16日、退職給付の官民均衡を図るため国家公務員退職手当法等の一部改正法案が国会で可決、成立した。
この法改正に伴い、国に準じて県職員の退職手当の支給水準を引き下げ、定年前早期退職特例措置の拡充を行うものだ。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑私を応援してくださっているみなさん、1日1回ここをぽっちなーとクリック願います!ランキング参加中です!いつもぽっちなーして頂いて感謝です。8位です。
2012.12.02 Sun l 未分類 l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。